単行本と新書・またまた密林レビューについて。

いつのまにやら、文庫版の4部も発売されてたようです、本屋では全然みかけなかったので気が付きませんでした。

またまた密林レビューをのぞいてみたら、なんだか読んだことあるレビューが・・・と思ったら、単行本のレビューがそのまま新書(文庫版のコトです、アマゾンではそういう呼び方になってた)に移ってた。

というわけで、ちょっと荒れた内容が多いですw
ドラマみて読もうと思った人がレビュー読んだら、こんなことがあったのか!と、びっくりすると思う。

新しめのレビューも1件あったけど、「商品として不良品」とか辛口コメント・・・、みんな気持ちは同じなんだな~と改めて実感。

何度読んでも、擁護コメントが痛々しく見えて仕方がない・・・必死というか、なんというか。

文庫本出すときに「旧訳語版」も合わせて出してくれたなら、また統一感出すために1部から購入するのにな~、せめて4部からでも旧訳語版なんて出してくれないかしら・・・。


コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)