HOUSE BAELISH

2008年4月13日 (日)

ピーター・ベーリッシュ

この方は、本名ははっきり覚えて無くって本で確認したほどです(私だけかも・・・)。
Photo_2
さて、ピーター・ベーリュシュことリトルフィンガーさん、3巻では彼の色々な悪事が解ってきましたね。

*ジョン・アリン殺害をリサに指示(スターク家とラニスターを戦わせるようにしたけど、キャットを奪ったスターク家の破滅も望んだ?そして最終的にはアリン家をのっとる為?)

*茨の女王と組んでジェフリー殺害(茨の女王の理想の為だけど、結構ひどい死に方だったからサンサを虐待したから仕返しもあるかな?)

*リサも殺害して、歌い手に罪を着せる(これは3巻の最後の衝撃的な終わりでしたね・・・その後のエピローグも怖かったけどsweat02

コレ以外にも沢山あるだろうけど、すぐ思いつくだけでもこれだけあります・・・恐るべし!
でもこの人の最終目的は何かな?やっぱりキャットを我が物に!・・・でも、キャットが殺害されたと聞き、サンサがキャットにそっくりで、若くてかわいいから鞍替えした?それとも最初からサンサ狙いだったのかな?
もし、サンサではなくアリアがレッドキープで捕まってたら、絶対助けないだろうな~憎いエダード似の娘なんて眼中に無いだろう(笑)

サンサを手に入れて今後が気になる小指さんの動向ですが、とりあえずジャマなティリオンを殺害しそうな気もする。
でも、ヴェリースに隠されて、行き先不明、必死で捜索していそう。

そして、彼は何度もケイトリンから女性が一度しか与えられないものもらったと言いますが、ケイトリン曰く「嘘よ!」・・・でもリサが与えているので、勘違いしているのかな?
このズレは重要な事のかな・・・。
3巻読んで以来の懸念はロバート・アリンがジョン・アリンの息子でなく、ピーターの息子だったらイヤだな・・・と。

再読していて思ったのは、七王国の玉座でエダードとキャットが淫売宿で再会している場面、ピーターはどんな気持ちで眺めていたのか・・・と思うとすごくコワイですsweat01
きっと15年間、ずーっとエダードを呪っていたんだろうな・・・この人sweat02

| | コメント (4)